タイトル

 前回のデジカメから約1年。あれ?6台目のカメラ気に入っていたいたんじゃないの?そうなんです。今回も無くしたわけではありませんよ(^^; じゃあなんで買ったのか。それは、池ポチャして壊れたからなのです(^^;;
 ベトナム旅行中のダムセン公園。アヒルのボートからおりるときにポチャン!緑色の濁った水の中に落下してしまいました。現地の係員が水深2メーターぐらいのところを潜って見つけてくれたのですが、カメラはやっぱりご臨終(^^; 修理という手も一応あったのでしょうが、おそらく全とっかえでしょうから、2万円近く。それなら新品買いましょうかということになりました。ちなみに電池とメモリカードは無事でその後も使っています。

では、ここで恒例?となった新機種選定までの道を書いてみましょうか。選定基準は以下。特に変わってません。


1)用途 :フィルム写真の代替ホームページ用画像、メモ・記録用画像撮影、
2)画素数 :300万画素程度
3)予算 :3万円ぐらい
4)メディア :SDメモリ
5)電源 :充電型単三電池が使えるやつ
6)デザイン :かっちょいーの
7)付加機能 :ズームはあった方がいい


SDメモリははずせない

 やっぱりSDメモリです。カードの値段も大分下がりました。512MBだと大きすぎるぐらいですね。しかし、高速のSDカードというのはあまり使っていて関係ないみたいなので普通のSDメモリで十分と私は思います。


値段はどうでも良くなった

 デジカメもすっかり底値ですね。もう値段を気にする必要はありません。まあ、3万円ぐらいってとこで。


単三型ニッケル水素電池

 二、三、四、五、六台目とも単三型ニッケル水素電池でした。今回も、単三型ニッケル水素がやはり良いです。けれど、今回のモデル選定でもこれがネックでしたね。かなり選択幅が狭くなってしまいました。

デザインは重要

 前回モデルは色も良かったし、大きさも適当でした。あの程度のカメラがいいですね。


そしてこのモデルに!

 今回は選択肢が少なかったのでほとんど迷う余地がありませんでした。単三を使うモデルが少ないんですよ。電池は使い回せるから非常に経済的なんですけどね。前回モデルが気に入っていたのでハナからニコンにしようとは思っていたのではありますが、その後継機種になりました。この代からニコンのデジカメはラインナップ系統がやや変わったようで、単三電池を使うのはLシリーズということになったようです。私が買ったのはこのL1です。残念だったのは色がシルバー一色になってしまったことです。普及モデルには3色ぐらいは用意してほしいんだけど、デジカメではもう儲からないってことなんでしょうね。


使ってみて

 既に1ヶ月ぐらい使っています。同じメーカーですから基本機能などはそのまま継承されています。大きさは前モデルより一回り大きく重くなっています。値段も約4千円アップの2万8千円程度です。その要因は光学5倍ズーム&500万画素になってるからなんでしょう。最近の流行ですが、液晶はかなりでかくなっています。確かに液晶が大きいと見やすいですね。そして買ってから気がついたことですが本モデルにはファインダーがありませんでした。まあ、液晶がわれなければ必要ないのですが(^^;;
 カメラの基本性能的には問題ありません。ピントはビシっと合うし、動作も問題なし。画像もきれいです。しかし、画素数はこれ以上増やしてもあんまし関係ない気がしてきました。これ以上増えても素人が使ってる分には宝の持ち腐れでしょう。それよりもうちょっと小型化してほしかったな、というのが正直なところです。昔に比べればこれでも十分小さいしなんせこのモデルは5倍ズームだからね。

30 JAN 2006 wrote


|TOP|戻る|ソフトのページ|