最新劇場映画感想文


 がみた映画は彼女らの一言感想文もつけてみます。よこぜとの違いを比較してみてちょ。


【映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ】 橋本 昌和 6/23update

 クレしん見たいというみおさんと二人で行ってきました。上の二人はクレしん映画見たいと言ったことなく、マミーは昨年みおさんと見たそうですが私は劇場でクレしん見るのこのトシにしてはじめて。クレしん映画は意外と大人にも評価されているので一応気にはなっていた。
 野原家に墜落した宇宙人シリリのバブバブ光線を浴びて父ちゃん母ちゃんが子どもになってしまう。子どもと言っても父ちゃんが中学生で母ちゃんが幼稚園でも中身は大人。これはシリリによると種子島にいるシリリの父ちゃんでないと戻せないとのことで春日部から種子島へ向かう。けれど早めにカネをすられて無一文!のロードムービー...なんかサバイバルファミリーっぽいぞ(^^; どっちかと言えばしんちゃんはニギヤカシで父ちゃんと母ちゃんとシリリの試練のお話だ。
 作者亡くなって本作25作目とのことですがまあ普通っすね。客層は小学生中心な感じで大きなお友達はいない。大人もあきないようにはつくられていますが、あんぱんまんみたいにある年齢のときに見たくなる作品ですかね。みおさんは来年もまだ見たいかな!?
★★★

のひとこと
 しんちゃんの家が壊れて直ったけどまた壊れたのが面白かった。

【帝一の國】 永井 聡 6/23update

 菅田 将暉、野村 周平、竹内 涼真、吉田 鋼太郎。漫画原作の実写化。元が漫画なのでどうかなとは思ったのですが菅田が出てるので見に行ったら想像以上に面白かった。漫画であることを逆手にとってかなり政治的。日本の政治家と官僚、選挙をここまで描いている作品はなかなかない。セリフがけっこうきわどくシニア向けのところもあり。それなのにただの学園モノとしても見れちゃうのが本作のすごいところだ。菅田もベストパフォーマンスといえるぐらいノリノリ!わきをかためる男優たちもよい。
 しかし、本作だけでも仮面ライダーフィリップにドライブ、トッキュウジャーにゴセイジャーと東映の特撮モノが最近の男優の登竜門みたいになっていますな。若くて元気な子が1年間その役をやることによって成長するのでしょうが。
★★★★☆

のひとこと
 漫画的だけど権力闘争を描いていてリアルな感じがしたよ。
のひとこと
 テストの点数を弾と競うシーンがおもしろかった。
のひとこと
 ローランドが飛び降りるところがおもしろかった。あと、太鼓のシーンがすごかった。凄く面白くてぜひ、見てください。
のひとこと
 太鼓のシーンがクレヨンしんちゃんみたいにお尻をぷりぷりぷりぷりぷり?しててきもちが悪く??なった。あと将棋の人(森園)がよかった。←けいちるヒアリング

【美女と野獣】 ビル・コンドン 6/22update

 エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン。美女と野獣の実写版。本作みて美女と野獣の話は見たことなかったことに気がついた。ストーリー、演出など定番的だし映像もきれいなのでこれは一般受けするだろうなと思ったら本作はかなりお客入ってるようで。
 実写とはいえCGは多用されています。ちょっと使いすぎなぐらい。ユアンマクレガーの燭台なんか俳優が演じているのかCGなのかがわからない(^^; ファンタジックとはいえ昔の話だから野獣の造形含め、もっと実物の質感を出してほしかった。
 主演のエマ・ワトソンはハリポタの子なんですか。このシリーズ見てないのでこの女優は知らなかったが、ややプリンセスにしてはトシかなと思ってしまった。まあ、悪くはないけど。それにしてもこのガストンというのは悪い子だ。おとぎ話だから許されるのだろうが。
★★★

のひとこと
 定番ストーリだから安心して見れたけど、狼はこわかった。
のひとこと
 野獣が最初の方は汚かったけどだんだん綺麗になっていった。ガストンは残念なイケメンだったね。
のひとこと
 CGだからぜんぜんこわかった。ちなみに魔女がこわかった。
のひとこと
 CGだから怖くなかったよ。バラが散っちゃったけど、魔女が最後にすごかった。

【ReLIFE リライフ】 古澤 健 6/21update

 中川 大志、平 祐奈、高杉 真宙、池田エライザ、千葉 雄大。27歳ニートの海崎(中川)がリライフという若返る実験に参加し高校生になる。原作は漫画。27才ニートという設定なのですが院を出ての高学歴で一人暮らしをしている。ニートというか失業中といった感じ。高校生になってからも人の面倒みたりリーダーシップとったりと彼はけっこういけてる系ではないですか。最初に入った会社が悪かっただけで放っておいても自分の適職みつけるんじゃない!?
 ドキドキラブストーリー系かなと思って見たのですが意外にシリアスで仕事とは何か、自分は何者か!?みたいな感じで大人でも楽しめます。海崎はアドバイスがオヤジくさいとかよく言われるのですが、27才なんてまだペーペーもいいとこだよね。私のような本物のおじさんからすると(^^; 人生は長いのだ。10才ぐらい若返ったところで鼻毛が抜けた程度のもんだ。
 そもそものこの実験の目的は映画を最後まで見てもわかりません。もし、あるとすれば本来なら順調にいったはずがイマイチな人をフリダシといかないまでも体力回復して10マス戻るみたいなことなのか。しかし、10才ぐらい若返っても人は基本的に変わることはないだろうよ。やり直しできることもあれば逆に失敗もあるだろう。10年戻るより現状とこれからを考えた方が建設的だ。
 役者は若くてフレッシュでいいけど、家族は出てきません。こういう奥行きのなさはやはり漫画ならではなのかな。
★★★

のひとこと
 おもしろかったよ。今度は真宙が主役の映画やってほしいな。
のひとこと
 結末が違った...というより(comicoが)有料になったから最後までみれなかったんだけどね。
のひとこと
 若くなったんだからトシとるクスリ飲まなくてもいいのにね。
のひとこと
 ツインテールの子が猫ちゃんのマークとかつけてかわいかったけど狩生はいやだった。

【モアナと伝説の海】 ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ 6/19update

 非ピクサーのディズニーCGアニメ。前評判は良かった感じなのですが、今ひとつ世界の広がりなく。ラセターのプロデュースではあるのですが監督はリトルマーメイド、アラジンなど昔からのディズニーアニメの人だった。となると、今後は2d的なアニメはディズニーやらないんですかね。
 舞台は南太平洋な感じで登場人物の肌は茶色で露出している。この肌感出すのがまだCGでは難しいのかちょっと違和感あり。ヒロインがいれば通常ヒーローもいてラブもあるものですが、本作ではマウイがそれ!?強いけどキモイ系でモアナとラブになる可能性は最初から最後までゼロだった。あえてラブを排除した本作の意図は!?思わせぶりなおばあちゃんの存在も尻切れトンボ感。
 アナ雪のラルフにあたるサブキャラにブタと鳥がいるのですが、前者は航海に出ないし後者はプッツンキャラ。アナ雪のような一般向けの映画かと想定していたのですが、このちょっと外している感は一般受けしないだろう。かといって評論家受けする映画でもなし。あの前評判はなんだったのかな。監督の前作2dアニメの”プリンセスと魔法のキス”はかなり出来良い方だと思うのですが本作はCGでテコ入れしてバランス崩れちゃったというやつかしら。
 椰子の実海賊みたいのが追ってくるシーンあるのですが、まんまこの前の"マッドマックス"。客層かぶってないと思ってやっちゃったか!?
★★★

のひとこと
 思っていたより地味でストーリーの練りがちょっと足りない感じが。絵はきれいだったよ。
のひとこと
 おもしろかったよ。ぜひ、見てね。マウイ大好き。てか、マウイ、イケメンだったら、モアナと結婚してたよね。←この感想はけいちるがヒアリングして書いたもの!?
のひとこと
 アナ雪の水版だったね。マウイってマウイ島のことだよね。
のひとこと
 最後に緑の女の人になって良かった。

【海は燃えている イタリア最南端の小さな島】 ジャンフランコ・ロージ 6/16update

 ドキュではあるがベルリン金熊とった作品でなるほどつくりが映画的。ナレーションはなく映像はきれいで長回し。ロングショット、据えガメラが多用される。これも難民の状況のひどさを伝える上での手法なのだろう。島に住む少年の姿をカメラは追う。生死をかけて海を渡ってくる難民と彼の接点はかかりつけの医者ぐらい。少年と難民のコントラストが際立つ。これを金熊に選んだ審査委員長のメリル・ストリープは世界にこの実態を知らせたかったのだろう。
 日本という国はほとんど難民を受け入れていないので難民に対する認識はかなり低い。難民とは政治的な問題や戦乱により自国にいると死の危険があるため脱出してくる人々だ。だから危険であっても決死の覚悟。日本では難民が遠い存在に思えても仕方ないところあるが、このランペドゥーサ島でも難民は異世界の人々のよう。まさに壁一枚レベルで接しているというのに、この業務に関係している人以外にとって難民はニュースで見るだけ。難民を見えなくしているものはいったい何なのか!?
 本作は渋谷ル・シネマで見たのだが4月から小1になる子含むキッズと入ろうとしたら”未就学児はお断りしています”と止められた。映画自体はレートなしだが劇場自体で基本未就学児NGなのだそう。”お子様向きではないので”とも言われた。結局は入れたのであるがこれも難民を見えにくくしている証左だろう。難民だって普通の人間なのだがエイリアン扱いのR指定なのだ。
 本作の前売り特典はなんとBarillaのパスタ250g!二人分買ったので我が家の夕ごはんになりました。今までもらった特典で最強かも!?こんないい特典がつくというのはイタリア自体は難民への理解があるということなのだろう。
★★★★

のひとこと
 のんびりした島の日常とたいへんな境遇の難民が交互に描かれていてそのギャップを感じた。
のひとこと
 パスタがおいしそうだった。
のひとこと
 男の子がパチンコつくってる映画だったよね。
のひとこと
 鳥がかわいかった。

【サバイバルファミリー】 矢口 史靖 6/8update

 小日向 文世、深津 絵里、泉澤 祐希、葵 わかな。ある日突然街中が全停電してしまった。バッテリーもダメ、太陽光パネルも発電機もだめ電気は使えない。頼れるのは人力と火のみ!?停電しただけでは、バッテリーとか自家発あるじゃんとなるので、それも使えない設定になっています。私としてはそんな状況になったら原発全基メルダウンじゃん!とそれがかなり気になりましたがこの映画では原発にはふれません。原発入れると別種のパニックムービーになっちゃうからね(^^;
 この映画見る気なかったのですが評判良いとのことで見たら面白かった。お父さん役の小日向さんがなんと言っても良い。頼れるのか頼れないのか微妙なお父さんなのですが彼なりにかなりがんばってます。コメディかと思って見ていると足が折れたり飢えたワンコにおそわれたりとけっこうコワイ。本当にこんな状況になったらたくさんの人が死んじゃうよね....。
 子どもらやお母さんは割と早めに元の世界をあきらめるのですが、お父さんはかなり後半までヅラに執着しています(^^; サバイバルとは何かと言えば生きようとする力なんだと思います。過酷な状況でなくてもサバイバル力というのはありそれが寿命に影響するのではないですかね。この家族はサバイバル力高いよ。時任一家とか大地康雄には及ばないけど(^^;
★★★★

のひとこと
 かつらをかなぐり捨てたところでお父さんが虚飾から開放され、たくましい父さんに変わった!
のひとこと
 かつらを見つけて”お父さん!”と言ってるところがおもしろかった。
のひとこと
 農家最強!格好良かった。電気無くなっても大丈夫じゃん!!!!!!
のひとこと
 川にかつらが落ちててそれをポイッとすてたところがおもしろかった。

【島々清しゃ】 新藤 風 6/8update

 安藤 サクラ、伊東 蒼、山田 真歩、金城 実。沖縄の慶良間が舞台。小学年のうみ(伊藤)は雑音や不協和音に敏感で都市では暮せないほど。いつも黄色い耳あてをしている。そんなうみだったが東京から来たヴァイオリニスト北川(安藤)と知り合い吹奏楽部に参加するようになるが。
 一応音楽モノだが音楽に対しての思い入れが感じられない。クライマックスの演奏もこんなんでいいのみたいな程度。この映画は何を描きたいのかやや疑問だったのだが、おじいが新藤兼人にあたりその孫が新藤風にあたる話で偉大な祖父と孫、そしてダメな親という構成だったのだ。偉大な祖父をもつとその子も孫もその威光にさらされるということね。新藤風監督はそこから脱却しないと次の映画は撮れないね。
 主演の安藤ははじめて見た。演技がまずいわけではないけど女優っぽくないなと思ったら奥田瑛二の娘で柄本佑と結婚してると。芸能人一家というわけか。
★★☆

のひとこと
 いまひとつだなと思ったけど監督のコメントきいてそうだったのかと思った。でもおじいちゃんが亡くなったから帰っちゃうってのはないよね。
のひとこと
 ショートカットの人(安藤)があそこで帰っちゃうてのは映画的にないよね。
のひとこと
 耳あて暑そうだしふわふわいみなくね。
のひとこと
 むりやり耳あてつけてる感じがした。

【スノーデン】 オリヴァー・ストーン 6/8update

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シェイリーン・ウッドリー、メリッサ・レオ、ザカリー・クイント。「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」は私も読んだのですがついにオリヴァー・ストーンの劇映画として公開されました。「シチズンフォー スノーデンの暴露」でドキュメンタリー映画として映されている話ではありますが劇映画でないと表現できないスノーデンの側面が描かれていて本作もあわせて見ることオススメです。ルービックキューブをポーンと投げたりマイクロSDポトっと落としたり映画的な演出はご愛嬌ということで。歴史を変えた1ページを一般化するにあたりこういう面白さも必要なのだ。
 本作で出てくる新ネタもいくつかあった。米国が日本中の電力をシャットダウンできるようにしているとか、先に出たルービックキューブを目印にスノーデンとポイトラスは会ったとか、ジュネーブで諜報活動していたこと、スノーデンが優秀なプログラマーである側面も描かれていた。ノートPCの内蔵カメラが監視カメラとして使えるというのは先の著作にもあったのですが、本作見てあらためて思い出し私のPCは主にlinuxしか使ってないのですが、カメラにシールはりました。どうせ使わないし。ザッカバーグもPCカメラにガムテ貼ってるんだよね。
 通常こういう映画は役者で美化されてるのだが本物の方がかなりキャラ立ちしている。本作でもラストシーンで本物が出てくるのですが完全に役者を食っている。さすが歴史を変える人物は違うものだ。スノーデンの彼女の方も本物の方が美人だし雰囲気がある。
 本作はPG13というレートがついている。セクシャルシーンあるがそれほどたいしたことはない。おそらく日本的にはスノーデン自体をR指定にしたいんだろうね。
 本作に関してオリヴァー・ストーンがインタビューにこたえている記事を見たが、本作を仕上げるのには困難が多く1番はこの映画に関する情報が盗まれないように気を使ったと。もう米国では自由に映画がとれなくなったとも言っていて、本作以上に怖い話だった。ストーンは次作が撮れるのだろうか!
★★★★

のひとこと
 映画的にみやすくつくっていたけれどドキュメンタリーの方が良かった。
のひとこと
 ルービックキューブのシーンは格好良かったけど、何やっているかよくわからなかった。
のひとこと
 スノデーンイケメン。ホカナニカワカラナカッタヨ。
のひとこと
 めがねの人が(何をしているか)全然わからなかった。

【ANTIPORNO アンチポルノ】 園 子温 5/24update
 冨手 麻妙、筒井 真理子。日活ロマンポルノリブート企画の作品。ロマンポルノとは「10分に1回絡みのシーンを作る」「70-80分前後の上映時間」「全作品が同じ製作費」「撮影期間が1週間程度」というルールで撮られたそうでこのリブート企画にもそれが適用されたと。他の同企画の作品はみてないのですが、ロマンポルノという枠組みを利用して園子温ワールドが展開していて楽しめた!
 売れっ子画家の京子(冨手)のアトリエにマネージャの典子(筒井)が今日のスケジュールを伝えにやってくるが不機嫌な京子は典子を売女と呼んで罵倒する。
 エロというより表現の自由に対する挑戦であり女性(売女)という存在に対しての挑戦の映画でR18を超越していた。映像は美麗で力がありさすが園子温だなと感じた。
 劇場はサービスデーということもあり満員だったがこの日活ロマンポルノリブートという企画は成功したんじゃない!?
 本作は見ようかどうしようか迷っていたのですが、日活撮影所であった園子温作品撮影でエキストラとして参加した(結局このシーンは撮影なかったが)ときの待ち時間で、エキストラさんとかスタッフの方たちと話していてこの映画の話が出て見なくては!と思ってみた。ちなみにこのとき撮影していたのはつい先日リリース出たようですが”東京ヴァンパイアホテル”です。Amazonプライムで配信とのことですが、映画館でもやって欲しい!
★★★★


【キセキ -あの日のソビト-】 兼重 淳 5/19update

 松坂 桃李、菅田 将暉、小林 薫。GReeeeNの誕生秘話を映画化。ソビトというのは素人のことだそうで本作のエンディングテーマにもなっている。私も知ってるぐらいだからGReeeeNの曲は日本人なら誰でも聞いたことあるでしょう。このGReeeeNが顔出しせずに活動しているのも知っているけど詳しい話しは知らないでしょうそこにはこんなドラマが詰まっていたのだ!青春モノであり、親子・兄弟モノであり、仕事とは人生とは何かということまでも描いている。そしてなにしろ歌が良い。この歌はGReeeeNの曲ではあるけど歌っているのはなんと本作の俳優陣なのだそう。
 主演の二人が良いというのは周知のことですが本作はその二人の代表作になるであろう。本作のようなよくできた映画は意外と書くことがなくて、まあ見てください!と言うだけですかね。
 エンディングテーマは本当のGReeeeNが歌っているのですが、映画で使われているキセキなどと比較して洗練された大人な感じの曲になっていた。GReeeeNの初期の歌はほとばしる青春が生み出した曲だったんだね。
★★★★☆

のひとこと
 桃李と菅田の演技力で圧倒された。映画おもしろかった。GReeeeNもおもしろかった。
のひとこと
 お父さんがお前らGReeeeNみたいになれよ!と言ってるのがおもしろかった。
のひとこと
 あのマークがGReeeeNだったのか。
のひとこと
 キセキの歌がみーみーがすきな歌だった。

【人生フルーツ】 伏原 健之 5/19update

 名古屋郊外に住む老夫婦 津端修一さんとその妻英子さんの日常。津端さんはURの建築士として勤務していたが今はリタイア。夫婦ふたりで半自給自足のライフスタイルで何でも自分たちで楽しみながらつくって生活している。彼らが住むのは津端さんが設計した高蔵寺ニュータウン近く。ニュータウンは津端さんの理想からは離れた街として誕生したのだったが彼はその行く末をみるためにかここに住んでいる。自分の作品を直視しなければいけない場所にいるというのはなかなかできないこと。それだけ心残りだったということなのかな。
 夫婦二人で実にマメです。しかし、本気で自給自足しようと思ったらこれぐらい手間がかかるものなのでしょう。彼らはそれを楽しんでいてそれこそが人生なのです。コツコツと自分でやれば何かが見えてくる。何才になってもその真理は同じなのだ。
 東海テレビの制作で前評判高い映画でしたがどうしても見たいとは思っていませんでした。先に彩らが見て、良かったとのことで行ったのですが見ておいてよかった。TVシリーズの編集版とのことですが、東海テレビは時間かけていいものつくってるね。彼らも人生フルーツの一員だ。
★★★★

のひとこと
 ていねいに生活するというのはこういとなんだなと思った。見習いたい!シルバニアファミリーの家具をてづくりというのすごよね。
のひとこと
 寝てしまった。目が覚めたらおじいちゃんが...。
のひとこと
 おばあちゃんのコロッケを(けいちる)誕生日につくってほしい!
のひとこと
 プリンが大きくておいしそうだった。マミーつくってね。

【沈黙 -サイレンス-】 マーティン・スコセッシ 5/13update

 アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、窪塚洋介、塚本晋也、リーアム・ニーソン、イッセー尾形。遠藤周作の原作を映画化。原作は読んでいませんでしたが衝撃的な作品でした。キッズにはちょっとハードだったかな。江戸時代初期キリシタン弾圧下の日本に命の危険をおかしてロドリゴとガルペが潜入。隠れキリシタンにかくまわれながら布教をすすめるのであったが。
 キリスト教圏のスコセッシがこの様な映画を撮ったことに驚いた。宗教観だけでなく人間の生き方自体を問う哲学的な作品。キリスト教関わらずこれは現代でも起きている人間にとって普遍的な話でもある。
 以下ネタバレあり。キチジロー(窪塚)と茂吉(塚本)そしてロドリゴ(ガーフィールド)とガルペ(ドライヴァー)が対象的な人物として描かれている。しかし、本作ではどちらが正しいと言っているわけでもない。とはいえ、キリスト教圏の人間には受け入れがたい結末だろう。映画の出来として特A級だと思うがキリスト教圏の評価が正に沈黙(評価されてないわけではないが)になってしまうのもわかる。
 転んだフェレイラ神父(ニーソン)が次のように言う。日本人が信じているのは神ではなくおまえ(ロドリゴ神父)だ。日本人が信仰しているのは太陽(自然)だ。沼に木は生えない(日本にはキリスト教は根を下ろさないという意味)。短いフレーズで日本人の真理をグサッと言っていてこれはすごい。キリスト教圏のほとんどの人にはこれら理解できないでしょうがそれを映画にしてしまうスコセッシ偉大だ。また、日本人が見ても日本人や日本文化の描き方に全く違和感なし。これもすごいことです。
 俳優たちの演技は誰もA級なのですが、特にイッセー尾形の怪演ぶりがすごい。なのにこの映画はアカデミーの撮影賞ノミネートのみという冷遇ぶり。本作がアカデミー賞とるぐらい寛容な世界になったなら、地球上からは宗教観の争いなどなくなりまた戦争というものもなくなるだろう。それは難しいことなのだろうか!? それを描いているが正にこの作品なんだ。
★★★★☆

のひとこと
 茂吉にこころうたれた。塚本監督にほれました。信仰すてずに私なら踏んじゃうよ。ダメ人間でも救うのが宗教だよね。
のひとこと
 あんな拷問うけたり燃やされるならりんさんは踏みます。
のひとこと
 少し話が重くて怖かった。ぼく踏むわ。
のひとこと
 あんなにがんばらなくてもいいのにと思った。

【カレーライスを一から作る】 前田 亜紀 5/12update

 関野 吉晴さんとグレートジャーニーについては知らなかったのですがタイトルにひかれて。キッズも見たいとのことで一緒に見に行った。けいちるはよく”カレーってルーつくってかけるだけでしょ!?”という具合のなめた口きくので彼にこそ見てほしかった(^^; 関野さんはこの前にも”僕らのカヌーができるまで”という木を切り倒す斧の砂鉄集めからはじめるプロジェクトを映画にしたものもあったそう。本作ではさすがに包丁や鍋はつくってませんでしたが(^^;カレーの具材と皿を武蔵美の学生たちと栽培したりつくったりしていました。
 カレーに必要なものは米とスパイスと塩と野菜と肉。肉はなくてもいいのでしょうが、これは今回の特にコダワリになっていたようで、最初はダチョウを育てようとするのですが二匹ともストレスで死んでしまう。図体でかいけど繊細な鳥なんですね。次にウコッケイとホロホロ鳥を育ててこれはうまくいくのですが、ウコッケイが卵をうみはじめたら”これを殺すのは、もったいない。タマゴうんでるうちは生命をまっとうさせるんだ”なんてメンバーが出てきたり。ちなみに日本では四足の牛とかブタは屠殺業者以外は解体してはいけないことになっているそうで、肉ならトリということだったそう。
 以下、ネタバレ!?あり。関野さんは基本、学生に任せて自分は手も口もださず監督している立場をとっています。一からつくることにより学生に感じてもらおうということなんです。穏やかでニコニコしていて特段の指示もしない教授なのですが、最後のトリをシメルシーンではアマゾンの野生を感じた(^^; なんで学生にやらせずあそこで動いたのかちょっと疑問に感じたのですが、そのタネはこの日あったトークショーで語られた。先に出たウコッケイ殺すのもったいないと言った社会人学生が、トリをしめる段になって”みなさんトリさんにお別れ言いましょう”なんてはじめたのでトリを奪ってシメテしまったのだそう(^^; しかしあの電光石火の早業はタダモノではなかった。さすがグレートジャーニー!!
 この日のトークショーつき上映は満員でした。カヌーを一からつくるにあまり食指は動かないがカレーライスはなぜか日本人のDNAにうったえる何かがあるような気がした。トークショーには監督ではなくプロデューサーの大島新さんがきていた。先日、園子温のドキュでも大島さんのトークきいたばかりですが、つけ加えておくと本作は大島さんがプロデューサーだったから見たかったのでもあります。
★★★★

のひとこと
 自分が食べているものや使っているものがどこからきたのか考えるのが大事だと思います。
のひとこと
 毎回いただきますと言った方がいいなと思った。
のひとこと
 なんで鳥の生首みんなでみてたの?とうがらしつくってる人が一番目立ってたよね。
のひとこと
 カレーライスは二からつくるんじゃないんだ!?とりがかわいそう。竹スプーンつくるところがカットされていたよ。

【小さな園の大きな奇跡】 エイドリアン・クワン 5/9update

 ミリアム・ヨン、ルイス・クー。エリート教育に疑問を持ち退園した園長ルイ・ウェホン(ミリアム・ヨン)が園児減少で閉園の危機となったニュースで見た幼稚園をわずかな給料で引き受ける!?実話ベースの映画。
 主役の夫婦は妻が園長で夫が博物館の学芸員でかなりハイソな雰囲気。4500香港ドルで引き受けた幼稚園の園児は食うや食わずのご家庭ばかりと格差がかなり開いている。お金持ちは子どもにお金つぎこんでエリートコースってことになっちゃうんだろうね。この点は日本も似たようなものですが香港ではそれが幼稚園からはじまっちゃうと。主役の夫婦には子どもがいません。だから園長はこんなことができたのかも。もし自分の子どもいたらやはりレールに乗せるのが親の努め!と思っちゃうだろう。
 この映画のシチュエーションだけ聞くと重そうな話と思うでしょうが、コメディタッチで楽しい。最初はよそよそしく迷惑そうだった親たちも次第に園長と一緒に幼稚園の再建に奔走します。こどもも大人も楽しめるこんな映画はなかなかないよ。
 香港映画というとカンフーものですが、スパルタンXなどジャッキーものに出ていたリチャード・ンが女の子のお父さん役として登場します。懐かしーー。女の子ばかりなのですが子役はどの子もかわいい。みおどろより小さい子が演技していて素晴らしかった。
★★★★

のひとこと
 こういう映画がヒットするのは新自由主義に疲れてダメだとみんな気がついているんだよ。
のひとこと
 園児がかわいかった。感動した!けいちるのせいで大事な所を見逃した!
のひとこと
 みんな感動してたよね!ちびっこの踊りがださかった。
のひとこと
 (字幕なので)よくわからなかったけど、子どもがかわいかった。

【映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!】 ウシロシンジ、横井 健司 5/1update

 3年目の妖怪ウォッチ映画。本編の方はゲームも含めてブームのピークは超えた感じなのですが、映画は相変わらずの人気。今回はアニメと実写の世界をいったりきたりというお話。こういう映画は仕掛けだけで終わってるものが多いのですがおもしろかった。アニメの実写化花盛りですがそれに逆手にとった感じ。人面犬とかクマとかアニメを実写にする一発芸も引っ張りすぎないのが潔し!アニメの世界には毛穴がないとか、地面にギャップがないとか変な世界観もリアル。この後上海に旅行したのだが、日本と上海の地面のギャップの差に私も違和感感じたもんな(^^;
 実写の遊園地が西武園でした。見慣れた西武園ですが、映画に撮るとオシャレプレイスに見えちゃうのが不思議、というかさすがプロだね。実写ケータが主役ですがこの子なかなかよい。子どもはすぐに大きくなっちゃうからもうケータはできないだろうけど。ダブル主役のはずのイナホはワンシーンという寂しさ。アニメの方もこのキャラの使い方やや苦慮してる感じあるよね。フミちゃんはやや年寄りすぎな感じがした。本作のキーマンとなるカナミ(浜辺美波)という女の子が微妙な感じ(年齢もかわいさ!?も)なので本作の小道具のバレエができるから選んだのかなと思って後で調べたら東宝シンデレラで、この後に主演作が控えていた。そういう大人の事情でねじこんだわけね....。
 お母さんのモチベーションアップのためにケントが登場しますがスタジオで1日撮りみたいなやっつけ感。この程度でもお母さん動員は2割増しぐらいだったかもしれない(^^;
★★★☆

のひとこと
 ケント良かったよ。映画もおもしろかった。
のひとこと
 コアラニャンがかわいかった。
のひとこと
 クジラマンの泡で魚になるのがおもしろかった。
のひとこと
 コアラの子がかわいかった。鼻がスイッチになってたよね。(クジラマンが)怖かった...。

【映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!】 田中 裕太 4/24update

 秋プリもみおさんと二人でプリキュア。今回のプリキュアは2+1でみおさんが気に入っているのは後から出てきたキュアフェリーチェ。プリキュアイベントのコスプレもフェリーチェでキーホルダーつくったのに泥棒に自転車&バッグこと盗まれちゃったんだよね。前置きはこれぐらいにしておいて。
 今回のプリキュアは妖精キャラのクマ モフルンが人気のようで本作はモフルン推し。ミラクルライトはモフルン型だしなんとモフルンがプリキュアになる。悪役もクマ。フルCGの短編もモフルン。というわけでクマづくしなわけだ。
 出来としてはプリキュアレベルでは並。最近のプリキュアはストーリー単純であまり怖くない感じだがメイン顧客はキッズなんだからこれでいいよね。
★★★

のひとこと
 モフルンがプリキュアになったので楽しかった。

【SCOOP!】 大根 仁 3/23update

 福山 雅治、二階堂 ふみ、リリー・フランキー、吉田 羊。かつて敏腕で名をはせた都城(福山)も今は芸能パパラッチで日銭を稼ぐ日々。そんなあるとき生意気なド素人新人行川(二階堂)とコンビを組むことになる。ストーリー運びやオチは納得いかないのだけれど映画としては楽しかった。オープニングのワンカットは007を越えた!?
 バルト9で家族とお友達の女の子二人と劇場入ろうとしたらしたら入口で”お子様は本作見れません!”と止められた。"PG-13じゃないですか!?"と言ったら"あ!そうですか!?"と言って入れてくれた。そもそもR指定だったら発券されないんじゃない!?確かに子どもは本作うちら以外は見ていなかったが(^^;バルトの店員って以前も感じたのだがなんか基本レベルが低い。
 福山を俳優としてもともと評価している私ですが本作も良かった。福山ファンは見たくない役かもしれないけど。その福山でさえ食っちゃってるのがリリーのチャラ源。最近普通のおじさんみたいなの演じることが多くなっているリリーですが、うさん臭いオヤジを演じさせたら天下一品!ブルーリボン賞も相当でしょう。この間に入った二階堂も気圧されず良かったです。
 以下ちょいネタバレ!?福山とふみ、と元奥さんの吉田の三角関係と思わせといて実はリリーも加わっての四角なのです。福山とリリーの友情(愛情!?)には二階堂レベルのギャルではたちうちできなかったというオチですね(^^;
★★★☆

のひとこと
 汚れ役を福山がやったのが良かった。
のひとこと
 リリー・フランキーが怖かった。
のひとこと
 頭がボサボサの人(滝藤賢一)がラグビーやったシーンが面白かった。
のひとこと
 怖かった....。

【築地ワンダーランド】 遠藤 尚太郎 3/14update

 築地盛土問題などで豊洲移転延期となり築地話題沸騰中のさなか(2016/10東劇で)に公開されたドキュメンタリーでしたがほとんど話題にならず(されず)。本作は移転でなくなってしまう築地を映像として残したいという思いでつくられた作品でしたが移転反対をうたってる映画ではありません。けれども本作みれば築地が世界遺産レベルの文化であるとわかり”残したい!”と多くの人が思うことでしょう。
 築地には今まで一度も行ったことありませんでした。単純に用事がないのと観光地のように思えていたからです。先日、機会があったので場外市場に行ってみましたがあそこは正に観光地で値段も高い!外人含め観光客がウロウロしていて浅草みたいなものですね。あそこは観光地ですが本作で撮ってるのは市場の方。主に仲卸の人たちをとっています。本作見るまで仲卸という単語さえ知らなかった私ですが、仲卸とはセリなどで購入した商品を小売する人たちのこと。彼らの目利きで商品に値が付けられ売られます。上客用の魚は隠しておいて一見さんには適当なのを売っておくなんてことをやります。仲卸は各自得意の魚を扱っている場合が多い。例えばマグロ専門とかアナゴ専門とか逆にそれ以外の魚はわからないぐらい特化されているのです。仲卸不要論というのもありますが彼らが商品の品質を保っている面が大きい。寿司屋などは良いネタを仕入れるために仲卸をあてにしています。彼らは調理が専門でセリなどやってる時間はないですから(売買権はないのではあるが)。仲卸ももちろん真剣勝負。いいネタを適正価格で売らなければ客は離れます。トークのすしやはあちこちとケンカして市場をまっすぐ歩けない(顔あわせたくないから)と言ってました(^^;
 豊洲に移転した場合この仲卸業者の1割程度が廃業を予定しているそうだ。年齢であるとか移転費用であるとか、豊洲ではやりたくないというのもあるでしょう。豊洲移転で仲卸がなくなるわけではありませんが今までの築地とは質の違う場所になるでしょう。
 映画公開からだいぶ時間たちましたが豊洲移転問題は本丸の慎太郎まで迫ってきました。さて、どうなるか...。
★★★★

のひとこと
 魚がどんな風に食卓にやってくるまでにどんな過程をたどってくるのかわかって面白かった。築地移転は絶対反対です。
のひとこと
 マグロがおいしそうだった。すしが食べたくなった。
のひとこと
 すしの魚がピクピク動いてたよ!
のひとこと
 おもしろかった。マグロのところが良かった。

【アングリーバード】 クレイ・ケイティス、ファーガル・ライリー 3/14update

 声の出演ジェイソン・サダイキス(坂上忍)、ジョシュ・ギャッド(勝杏里)、ピーター・ディンクレイジ(山寺宏一)。同名ゲームの映画化。このゲームはタブレットの普及とともにあったもので懐かしいね今はやってないけど。ゲームは日本ではそんなに流行らなかったみたいだけどアジア圏含め世界的に大ヒットした..それも数年前の話で今更映画!?ということで全米NO1でも全く見るつもり無かったのだがキッズが見たいと言い、意外にも評判が良いので見た。
 主人公のレッドは怒りっぽくて友達がいない。怒りをぶちまけたことにより裁判ざたとなり”怒りマネジメントクラス出席”を命じられる。そのクラスには問題のあるトリが集まっていた。時を同じくして緑のブタがトリの島に上陸してくる。彼らはトリたちとの友好を求めるのであるが...。
 ゲームの世界を壊さずに楽しいお話で本当に面白かった。かつてのゲームプレイヤーとしては気に入っていて出てこないキャラ(黄色石頭)がいないのが残念だったけどそれぐらい。ブタの造形がプヨプヨしていてかわいかったし生態もおもしろかった。ゲームは知らなくても大丈夫。幼児も大人も楽しめる本作のような良質!?のアニメって意外とないんだよね。
 監督はアニメーター出身で本作が初監督のようですが今後注目だ。
★★★☆

のひとこと
 不機嫌な赤い鳥が活躍しておもしろかった。こども向けかもしれないけあなどれないね。
のひとこと
 おもしろかった。ブタがかわいかった。
のひとこと
 パチンコであんなに飛ぶのかな。池の水を飲んだところがうけた。
のひとこと
 ブタが面白かったよ。

【映画 聲の形】 山田 尚子 1/19update

 声の出演 入野 自由、早見 沙織。漫画のアニメ化。こちらの映画は声優本業の人がやってます。ろうあ者の硝子(6年生)が将也の小学校に転校してくるが、いじめの対象になる。将也もその一人であったが硝子はほどなくまた転校してしまう。5年後高校生となった将也だったがそのときのことが気になり硝子を探し出す。
 ろうあ限らずハンディキャップのある人は助けるのが普通みたいな価値観が本当だと思うのですが、普通と違うからというだけでいじめの対象になってしまう。特に小学生あたりはその辺り露骨に出てしまうから、先生が気がついて注意しなければいけないのだが、本作のジャージ先生は全然ダメ。そのあたりわざとリアルに描いているのかしら。高校時代は将也の方が学校でぼっち状態になっていて将也のこと無視している..というか将也に無関心な人の顔にはバツ印がついています。ビジュアル的にこういうシーンがあっても面白いとは思うのですが、本作ではずっとこのバツ印がついていて正にフラグのごとし。このバツ印が外れることによって将也に関心が戻ったことを示していて実にわかりやすいというか安易だ。このバツは原作にもついているようで、最近の日本作品によくある間違いなく一本道に導くツールとなっている。
 アニメの絵作りに関してはオリジナリティもあり良かったけど、キャラクターの絵のトーンの統一感がややないと感じた。女の子はかわいく、男の子は特殊な造形だったりと。
 本作の登場人物は主人公もお友達も親もマイナスベクトルの人ばかりで抜け出せないところにハマッテいく感じがした。一人ぐらいはポジティブであったり超然とした人がいてもいいと思うのだがいない。強いて言えばペドロぐらいだが本筋とは関係ないキャラだし。つまり本作はマイナスベクトルを逆転する人がいないコミュニティはドロ沼にはまってしまうという話だったのか(^^;
 ろうあ者に関してはこの後”アイコンタクト”というドキュメンタリーも見たのですが、今まであまり関わりなかったこともあり私自身も理解が足りなかったなと感じた。ろうあ者を主人公にした作品は少なく、そういった意味では本作も意義深かったと思う。
★★★☆

のひとこと
 お母さんとブロッコリー頭と妹と姉のだんなが良かった。先生がダメだよね。ツンツン頭(将也)がすきになるのがわからないけど自分の感情とあってるということなのかな。
のひとこと
 いやな人がいたけど、いい人もいたよ。
のひとこと
 ブロッコリー頭の人とペドロ(姉のだんな)が良かった。
のひとこと
 女の子(硝子)がかわいかった。髪の毛がツンツンしてる人がきもかった。ペドロが良かった。

【四月は君の嘘】 新城 毅彦 1/19update

 広瀬 すず、山崎 賢人、石井 杏奈、中川 大志。かつて天才少年ピアニストと呼ばれたが今は弾けなくなってしまった公生(賢人)は定石外しの自由な奏法のヴァイオリニストのかをり(広瀬)と知り合う。弾けないと言うのにかをりは強引に公生を伴奏者に指名する。
 本作に先立ってTVドラマ”好きな人がいること”を見ていました。本作もですがこちらも江ノ島が舞台で、このあと江ノ島に我が家も小旅行に行くことに(^^; ケントものはこれが3本目ですが、先の2本でケントは俺さまイケメンタイプでした。本作ではうってかわって線の細いアーティストタイプですが自然にこなしておりました。広瀬の方も海街、ちはやぶるに続く3本目ですがこちらはいつも元気印のハツラツタイプですね。
 さてネタバレいきますか。かをりは実は生死の境にある難病にかかっています。彼女はもともと公生ファンで彼に近づくために亮太(中川)のことが好きだと行って仲良し3人グループに入ってくる。また、椿(石井)は公生が実は好きという四角関係になるのです。このサブの二人はサッカーとソフトボールという体育会系で普通は文化系クラブとはあまり接点ないんだけどね。話もあわないし。まあ漫画原作だからいいんだろうけど。また、かをりの難病が何か最後まで明かされません。これは原作でもそうらしいのですが、こういうとこでリアリティ低くなるよね。まあ漫画原作だからいいんだろうけど。
 本作の肝となる演奏シーンはもちろん吹替でしょうがよかったし、音楽もききごたえあり。ケントはピアノひいたこと無かったそうですがたいしたものです。広瀬も。
 坊主頭の少年が私らが見た回では前列にズラッと並んでいた。広瀬ファンなのかなと思ったら、映画終わって”アニメの方が感動した”とか言っていた。体育会系アニメファンだったんですね。彼らから共感えるためにもサッカー部という設定が必要だったのか!?漫画はあなどれない(^^;
★★★☆

のひとこと
 黒王子と違うケントが見れてよかった。クラシックピアノがすきなので楽しかった。ケントが最後にひいたのは一番すきな曲。
のひとこと
 ピアノが良かった。ピアノの曲を聞いてるだけで楽しめた。
のひとこと
 この映画でパガニーニにはまった。きらきら星のところがうけた。
のひとこと
 音楽がきれいだった。きらきら星のところがおもしろかった。

【君の名は。】 新海 誠 1/16update

 声の出演 神木 隆之介、上白石 萌音、長澤 まさみ。2016年一番のヒット作。歴代でも千と千尋に次ぐ2位となる見込みの映画。新海 誠の名前は知っていたが作品みたことなし。ヒットしているし評判も良く、りんさんも見たいというので公開3週目ぐらいで行った。  岐阜の架空の町の女子高生と東京の男子高生がときどき入れ替わってしまうという話。俺があいつであいつが俺で的だけど、入れ替わったまんまじゃなく、お互い知り合いではないというのがミソなのか!?
 以下ネタバレ。この入れ替わりは空間だけでなく時空までも超えているというのがわかってきます。時系列がずれてくると話が複雑になるのですが、本作は上手にまぎれなく一本道に観客を導いていきます。よくできてると言えばそうだが、ちょっと窮屈でもっと行間増やしてもいいような...そうするとこんなにヒットはしなかったか!?ストーリーに関してまとめすぎなのも気になるが、結局のところ”東京(都市)”の価値観の方が勝ってる的なものが流れていてなんか田舎っぽいんだよね。監督は長野出身というから仕方ないのかもしれないが。東京(立川)出て日本ファルコムでゲームのオープニングムービーつくっていたとの話だけど、私は大学時代(高校時代も立川南口)に立川北口でバイトやって日本ファルコム(南口)にもフロッピーディスクとか買いに行ったりもしたのでひょっとしてすれ違っていたり。もしかして入れ替わっちゃったり(^^;!?
 アニメの絵は美麗で、細かいところまで書き込んである。小物の1つ1つまでに魂がこもっている感じ。これもヒットの要因だろうね。しかし、メジャーデビュー(トーホー配給)でいきなり場外ホームラン打っちゃった感じで、この後なかなか大変だろう。
★★★☆

のひとこと
 彗星のシーンがきれいだった。東日本大震災を意識した鎮魂の作品。自分が何かすればどうにかなったかもしれないというのをファンタジーのもう一つの世界で表現していて良かった。人々が東京に集まってくるより復興で地方が再生する方が良かった感じがしたけど。
のひとこと
 絵がきれいだった。音楽が良かった。
のひとこと
 女子力高い!とか言ってたけど刺繍がダサかった。←けいちるは縫い物をする人
のひとこと
 流れ星がきれいだった。もう一回みたい。

【ルドルフとイッパイアッテナ】 湯山 邦彦、榊原 幹典 1/14update

 井上 真央、鈴木 亮平。斉藤 洋の児童文学の3DCGアニメ映画化。原作知りませんが有名な作品らしい。見るつもり無かったのだが澪さんが見たいというので行ってきました。
 原作が良い出来なのかはわかりませんが本作に関しては凡作のような...。岐阜の黒猫ルドルフは誤って車の荷台に乗って東京まで行ってしまいそこでノラ猫生活がはじまる。イッパイアッテナは東京のトラノラ猫。
 以下ネタバレあり。猫が文字を覚えて岐阜に帰ろうとする話なのですが、ファンタジーとはいえ”猫が文字を読む”という設定でなえる(^^; 苦労して岐阜に到達するがなんと新しい猫がいた!?トイストーリー3か!?イッパイアッテナは元は飼い猫だったのですが、飼い主に捨てられたというのがわかるのですがラストでなんと飼い主が帰ってくる!?飼い主はアメリカで牛丼チェーンで成功しての凱旋帰国で、イッパイアッテナを捨てたつもりではなかった。植物図鑑か!?
 カタキ役のブルは中途半端だし、CGも昔のCGアニメみたいな感じで見るところなし。うちは当然ながら2Dで見てますがこの映画3Dでつくって誰に見せるつもりだったんだろう?監督はポケモンの人ですが、こんな映画つくっちゃってよかったの!?
★★

のひとこと
 黒猫が家に帰ったら”おじさん”とか呼ばれてかわいそうだった。犬がむかついた。
のひとこと
 猫が凍ってあっさり壊したのがすごかった。
のひとこと
 猫ちゃんが氷になってたよね。犬が池でおぼれたところがおもしろかった。

【シン・ゴジラ】 庵野 秀明、樋口 真嗣 1/12update

 長谷川 博己、石原さとみ、竹野内 豊、高良 健吾、市川 実日子、余 貴美子、大杉 漣。エヴァンゲリオンはそんなに見てないのですが、庵野がゴジラということで楽しみにしていた作品。ゴジラのラインを崩さず、独自性も出しつつ、原発事故後の日本の話法を取り入れて期待通りの作品だった。一般受けはするのかな!?と思ったのですが、今年の国内興収2位ということだった。
 単純なゴジラはやらないだろうなとは思ったのですが、ゴジラ出現で右往左往する政府、官僚そして圧力をかける米国の姿を描いている作品だった。この姿はあの原発事故のときの再現なのでしょう。まだ見ていないが、同じころに「太陽の蓋」というこちらはまんま原発事故を描いた作品ありましたがこれもたぶん似た感じなのだろう。
 以下ネタバレあり。省庁の縦割りにとらわれる官僚。決断しない政治家。しかし、ゴジラはそんなもの関係なくドンドン迫ってきます。自衛隊では歯がたたず、米国に助けを求めるがゴジラ暴走。主流から外れた官僚や学者ががんばってなんとかゴジラを止めるが、まだ冷温停止したわけではなく、首都の喉元でゴジラはまだくすぶっている。
 これがヒットしたということは日本人の中でも原発事故の整理がついてきたということかもしれない。あの事故を忘れたという意味ではなく。
 しかし、庵野監督ばかり評価されているけど実写+CGであれだけ迫力ある映像つくれたのは進撃の巨人実写版の樋口監督がいたからだろう。
★★★★

のひとこと
 官僚がムダな会議をして右往左往しているところが原発の事故のときのようだった。
のひとこと
 一番最初のやつがゴジラに見えなくてきもかった。
のひとこと
 最初の怪獣の首からジュパージュパーって液が出てたよ。ラーメンがのびたところがおもしろかった。
のひとこと
 ゴジラが小さくなったりでかくなったりしたところがおもしろかった。

【TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ】 宮藤 官九郎 1/12update

 長瀬 智也、神木 隆之介、尾野 真千子。私は”あまちゃん”まではクドカンというものを認識はしていなかったのですが、彼のフィルモグラフィー見ると出演者としてもかなり出ていて脚本もかなり書いている。しかし、私が見ないタイプの作品がほとんど。本作に関しても見る気は1mmも無かったのですが、りんさんのお友達が見てりんさんも見たいというので家族で出かけた。あまちゃんのイメージで見たのでちょっと驚いたわ。全編ハイテンションな見せ場の連続で絵力が強すぎて見ていて体力を消耗する映画です。夢に出てくるぐらいシーンが目に焼き付く(^^;; 画太郎先生の地獄甲子園という映画あったけどあのノリに近い。これをメジャー館で昼間からやってお客も入って中学生が面白い!と言ってるとは世の中も変わったなとオジサンは思いましたよ。
 しかし、クドカンというのはサービス精神旺盛なんでしょうね。普通の映画の3倍ぐらいの見せ場をつくっている感じだ。これは若くないと出来ないね...って私と同い年なのか!?
 映画として輪廻転生モノで地獄と現世をいったりきたりします。これらの定義とか法則はクドカン流のようでおもしろおかしくつくられているけど、命の大切さとか生命のつながりとかそういう高尚なテーマを見据えている様子はなく、面白ければいいじゃんっていう感じ。主役の神木がなかなか良いなと思ったら彼も売れっ子なんですね。この映画ではじめて見たけど。
 面白くないワケではないんだけどオジサンはこういう映画は体力使うので見ないでいいかなと感じた。あまちゃんはNHKだからお行儀よくしてたんでしょ!?
★★★☆

のひとこと
 地獄の時間が長すぎて息苦しかったが天国より地獄の方が良かった。でも現世が一番いいや。
のひとこと
 地獄がうるさすぎて天国の方が良かった。
のひとこと
 地獄の方が楽しそうだった。
のひとこと
 みーみーは天国のところしか思い出さない!

【FAKE】 森 達也 1/11update

 TVはほとんど見ないので私は佐村河内という存在をあの騒ぎの中で知った。けれど、またヤラセだったのかぐらいにしか思わず気に留めていなかった。佐村河内にそれほど興味なかったが森達が撮った新作だし妙に評判も高かったので見た。時系列的に言うとあの騒ぎの後から撮ったものになる。
 はたして森達自身はあの騒ぎをどう見ていたのだろう。このFAKEというタイトルは何がFAKEなのか!?以下ネタバレ含みます。本作見ると佐村河内氏は誠実な人で本当に聴力障害者。曲の打込み自体は新垣氏に頼んではいたが、曲の構成やイメージ自体は彼がつくっている。言ってみれば曲のディレクションとプロデュースをしていた。逆に新垣氏にすれば、自分が最終的に曲に仕上げているので、自分のつくった曲だと言いたくなるのもそれはわかる。こういうことは古今東西、創作活動の中ではよくあることだろう。本件がこれだけ騒ぎになったのは、マスコミが佐村河内氏を持ち上げて消費し尽くしたところで落としネタが出たので、今度は叩いて消費したということだ。バックに芸能プロがいるわけでもない障害者の佐村河内氏を誰も守ってはくれない。
 この事件、興味なかったので横目で見ていただけであった私ですが、私も”佐村河内氏は耳が聞こえていてアーティスト的な風貌は演出だった”ということろで終わっていたので本作見て衝撃を受けました。私もだまされていた...誰に!?というわけで本作のタイトルはFAKEなのか。
 本作はドキュメンタリー映画としては大ヒットしたのですが、それでも見る人しか見ない映画なので、今だ佐村河内氏の名誉は回復しておらず、彼の作品も葬られてしまったままになっています。マスコミはあれだけ叩いてしまったので、今更”佐村河内氏はやっぱり聞こえなかったみたい”とはやらないんだよね。
 かつては私ももう少しマスコミにマシになってもらいたいと思ったのですが、最近はもう相手にする気がなくなり無視しているつもりでした。なのにこうやって影響を受けていることがわかったのもショックでした。
 森達も”誰にも言わないでください衝撃のラスト”ではなく”佐村河内は本当に聞こえていなかった!?”でも良かったように思うのですが、前者にしたから本作はヒットしたのだろうか!?私が見たのは公開から一ヶ月もたったころだったが、相変わらず立ち見もでる盛況だった。ユーロスペースがあんなに混んでるの見るのはじめて。15年ぶりの森達新作見たいから集まった人というわけでもなかろう、彼らは本作に何を期待して集まったのだろう。
★★★★

のひとこと
 水に落ちた犬をたたく世間とかマスコミ、それを鵜呑みにする様子がうつされていた。佐村河内さんは本当に耳が聞こえていたのに。奥さんが良かった。
のひとこと
 最後の音楽が良かった。
のひとこと
 現代のベートーベンねえ!?
のひとこと
 猫ちゃんのシーンがもっと見たかった。

【ファインディング・ドリー】 アンドリュー・スタントン 1/8update

 声の出演 エレン・デジェネレス(室井滋)、ヘイデン・ロレンス(菊地慶)、エド・オニール(上川隆也)。ファインディング・ニモから13年。なんと続編つくっちゃいました。主役はオトボケ魚のドリーの方。超二番煎じで、つくんない方が良かったなという映画だった。続編はつくらない!というピクサーの方針はもう無くなっちゃったんですね...。とはいえ、ピクサーの水準レベルにはある映画ですが。
 ドリーというのは前作見たところでは種類として忘れっぽい魚なのかなと思っていたのですがそうではなく、ドリー単体が記憶障害の魚だったのです。両親は小さいころからこの記憶障害の子どもを苦労して面倒みて今に至る。障害者とその両親の物語。ニモは完全に脇役でタコなどが重要キャラとして登場。
 CG的には前作からテイストを変えないという意味からでしょうが目新しさは全くなし。なんか物足りないね。
★★★

のひとこと
 広い海の話かと思ったら狭い水族館の話で何か残念な感じだった。
のひとこと
 タコが良かった。
のひとこと
 タコが良かった。
のひとこと
 最後にパパとママに会えて良かった。

【二ツ星の料理人】 ジョン・ウェルズ 1/8update

 ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、オマール・シー、ダニエル・ブリュール。かつてパリの一流レストランのカリスマシェフだったアダム(クーパー)がロンドンで再起しようとかつての仲間や腕の良いシェフを集めるが...。料理人の世界とはこんなものなのかもしれないが、けっこうヤクザな感じでお互い信頼してないし、金のことばかり考えている感じ。確かに金が無いと店は開けないけどね。料理へのコダワリよりも、料理業界での悪戦苦闘を描いている。これはこれで興味深かったけど、想像していた映画とは違ったね。
 ミシュランがかなりの権威を持っていて調査員の行動パターンなどが都市伝説のようになっている。2つ星だろうが3つ星だろうがミシュランが行くようなレストランは所詮庶民とは縁のない店ですが、その裏ではこんなドタバタ劇が演じられているのですか(^^;?
 クーパーと言えばアメリカンスナイパーですね。本作のクーパーは粗野な男の役でむしろスナイパーの方が品が良かったな(^^; どっかで見た顔だと思ったらレストランオーナーがダニエル・ブリュール。トシはとったけど存在感ある役者だ。
★★★

のひとこと
 料理人というけれど壊したり投げたりが多くて予想とは違う映画だった。ゲイ風のダニエル・ブリュールが良かった。
のひとこと
 割れたり壊れたりするシーンが多かった。
のひとこと
 意味がよくわからなかった。←字幕だから仕方ないか
のひとこと
 すごかった。

【シチズンフォー スノーデンの暴露】 ローラ・ポイトラス 1/8update

 2年前のアカデミー賞ドキュメンタリー部門受賞作。日本では公開されないのかと思っていたのだが。公開から2年たってほとぼり冷めたってこと!?先に「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」という本を読んでいたのだがこちらに書いてある内容が映像として立ち上がってきた感じ。世界の方程式が変わる時を映像におさめていたというのだから驚きだ。
 本で読んだときも感じたがスノーデンの決意と実行力は並外れている。これほど熱い情報だというのに彼は自然体。米国には帰れず恋人にも家族にも二度と会うことができなくるのも了解済!ジャーナリストたちも傑出しているが彼がいたからこそ本件が白日の下に晒され歴史が変わった。スノーデンの告発のため時限立法だった愛国者法は2015年失効し政府の盗聴に制限をつける米国自由法が成立した。米国の行き過ぎ監視体制も一旦歯止めがかかったようだ。
 オリバー・ストーンがスノーデンの劇映画とって日本でも近日公開であるけれど、同じ視点で撮ってもこのドキュメンタリーは越えられないだろう。それは彼もわかっているだろうからどんな映画になっているのか楽しみだ。
 本作は先日DVDも発売されたが資料としても貴重なので購入予定。
★★★★☆

のひとこと
 よくこの映像をとったよね。撮った人に感謝。

【それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ】 川越 淳 1/6update

 やなせたかしが亡くなって、澪さんももうアンパンマンはいいのかなと思ったので2015年のアンパンマン映画は見なかったのですが、本作を見たい!とのことなので行きました。上の二人はもうアンパンマンはいい、とのことだったのでパパと二人。いつも新宿は武蔵野館なのですが、改修中でバルトでアンパンマンだった。
 ルンダがおもちゃスティックを落としてしまいそれを召使い!?ロボットのナンダと一緒に探すが雷にうたれて離ればなれになる。ナンダは”ナンダ”か”ルンダ”しか言いません。グルートみたいだ。造型と雰囲気はアイアンジャイアントっぽい。
 やなせのつくった歌をベースに本作はつくっているそうなのですが、やはりストーリーが何か物足りない。もうやなせさんはいないんだからしょうがないんんだけどね。
★★★

のひとこと
 女の子(ルンダ)がかわいそうだった。女の子もロボットだったよね。でも最後お姫様になったよね!

【マイケル・ムーアの世界侵略のススメ】 マイケル・ムーア 12/23update

 タイトル(原題 WHERE TO INVADE NEXT)見たときはついに米国の戦争問題に突っ込んできたか!と思ったがそうではなくヨーロッパに学べ!という映画。イタリアは有休が8週間もあって昼休みが2時間。ポルトガルは麻薬を解禁して麻薬の使用が減った。フィンランドは宿題をなくして学力が世界一になった。ノルウェーの囚人は自由。フランスの給食はおいしく、給食のとき誰もコーラは飲まない。スロベニアは学費が無料しかも外国人も。などなど。いいとこどりではあるのですが、これに比べてアメリカがいかにひどいかというのがわかりやすく紹介されています。上記のよい例は実は元はアメリカでやっていたものをヨーロッパの方で真似したものが多いというのが驚きです。つまり、アメリカの現状は良かったものが後退してしまったということなのだ。マイケル・ムーアはイタリアの有休に驚いているのですが、アメリカには現在、有休は基本的にないと!市民が常にチェックしてないとこんなヒドイことになるという例がアメリカなのです。
 そして日本は絶望的にアメリカの悪い例を踏襲している。労働条件は悪くなり、学費も値上げ。治安も悪化してどんどんアメリカに近づいているのだ....。というわけで日本人も本作見て気がついて欲しいのだが、”ヨーロッパはすごいんだね”で終わっちゃいそう(^^;
 前作からしばらく空いたけどムーア節は健在。本作は資料集としてもよくできている。ムーアはかなり早い段階でトランプの当選を予想していた。さすが人心を読むことに卓越していて、あらためて見直した。
★★★★

のひとこと
 イタリアが休みが多いとかフランスの給食がおいしいとかアイルランドの女性進出が進んでいるところとか日本も真似した方がいいところがたくさんあった。
のひとこと
 アメリカの紹介がおもしろかったよ。フィンランドは宿題がないんだってよ!?
のひとこと
 みーみーも全部みたよ!

【世界から猫が消えたなら】 永井 聡 12/20update

 佐藤 健、宮崎 あおい。川村 元気の作家デビュー作とのこと。最近この川村 元気という名前をよく見るのだが何者なのかと思って調べたところ、東宝のプロデューサーで”君の名は”も企画・プロデュースに名を連ねている。電車男からはじまり、その他も彼が関わった案件はどれも成功をおさめている感じだが、私が見ないタイプの映画が多い(^^; 本作はりんさんが見たいというので見に行った。
 いわゆる難病で死んじゃう系でファンタジックな味付けがしてある作品。悪魔が出てきて1日の命とこの世界の何か1つを交換条件とする。
 僕(佐藤 健)は本作では見た目イケメンですが、キャラクター的にはダメ男っぽい。死ぬとわかって7年も前に別れた元カノと連絡をとったり、とにかくなんか煮詰まらない。映画をかしてくれる親友がいて、彼女も映画が縁なのだが僕はそれほど映画がすきなように見えない。何事にも淡白で彼女が別れたくなるのも自然かな...。いろいろ伏線はってあって凝っている作品だとは思うけど、このダメ男がむかつく。後半、とうさん(奥田瑛二)が出てくるのですがこの父さんがまた偏屈おやじでむかつくんだ。母さんも病気で死んじゃうのですが人が簡単に死にすぎだ。
 命と大事なものや思い出がテーマなんだろうけど、本作みてもなんかあざとくてそれらが大切に思えないんだよね。生命力が感じられない。泣けるようにはつくってあるけど。映像がきれいで主題歌が良い。そこが本作で一番よいところかな。佐藤 健は二役でなかなか良いのですが、イケメンすぎて本作の僕に合ってないような気がしたけど、見た目ダメ男がこの役やってたら誰も見に行かないか(^^;
★★★

のひとこと
 よくできているけど若い子がガンになって死ぬのイヤ。
のひとこと
 おもしろかったけど悲しかった。
のひとこと
 主役と悪魔似てなかった!?同じ人なのどうやって撮ってるの!?
のひとこと
 怖かった..。

【植物図鑑 運命の恋、ひろいました】 三木 康一郎 12/16update

 岩田 剛典、高畑 充希。珍しく!?小説原作の映画化だがストーリーは漫画っぽい。漫画化もされてるようですが。仕事に追われていたOL さやかが行き倒れ!?の青年 樹を介抱する。その青年はそのままさやかの家に住むようになる。彼は植物や料理のことに詳しいが自分のことは何も語らないのだった。
 植物のうんちくが面白くオジサンも楽しく見させていただきました。ヘクソカズラが臭いからヘクソとは知らなかったし、あれに小さな花がさくともね。
 以下ネタバレです。この男はいったい何者だろう。そして、居候期限予告していた半年で”ありがとう”という紙ペラ1枚だけで何の手がかりも残さず失踪します。ひょっとして妄想写真館のファンタジーモノか!?とも思ったのですがそうではなく、この男は1年もたってノコノコ出てきて”自分が成功するまでさやかに会いたくなかった!”とか抜かすんだよ。黒王子とは違うタイプのDV男だ!こんな男はやめた方がいいよ(^^;
 しかし、最近家族(彩)につられて今までまず見ることのなかった日本製キラキラ系映画を見ている。これはこれで面白いけどね。
★★★

のひとこと
 植物のいろんな食べ方がわかっておもしろかった。しかし、主役の男の態度がダメだし好みじゃない!
のひとこと
 ふとんのシーンがきもかった。思った程度の映画だった。
のひとこと
 ふとんのシーンがいらなかった。
のひとこと
 男がきもかった。花のかんむりがかわいかった。

【オオカミ少女と黒王子】 廣木 隆一 12/12update

 二階堂 ふみ、山崎 賢人、鈴木 伸之。高校生ラブストーリー少女漫画原作の映画化。今一番売れっ子の二人の共演作。彼氏がいることにしていて引っ込みつかなくなったエリカはダメ元で恭也(黒王子)に偽装彼氏を頼むんだら意外にもOKが。しかし、彼はやさしいけれど屈折したイケ面だった...。
 少女漫画の定番的な雰囲気ではあるけど、黒王子がかなりの屈折ぶり。暴力はふるわないけど、DV男。こんな面倒な男は相手にしない方がいいだろう。もう一人のイケ面の方がもっとタチ悪いけど(^^;
 オジサンでも十分に楽しめましたよ。二階堂ふみが高校生って大丈夫かな!?と思ったけど全然OK。ふみちゃんDV男に振り回されてかわいそう!園子温が二階堂ふみが最近キラキラ系にいっちゃったと言ってたけどまさにそれだったね。このあと何本も見ることになる最初の賢人モノでしたが、今生のイケメンはこんなタイプなんですね。黒王子も最後は走っちゃたりして青春だなと思いましたよ。
★★★☆

のひとこと
 賢人は良かったけど、あれがイケメンじゃなかったらだれも相手にしないよ!二階堂ふみが良かった。
のひとこと
 黒王子はタイプじゃないし無理!←でも江ノ島の水族館に行ったときにカメロンパンストラップ購入
のひとこと
 俺も黒王子みたいになりたいゼ!うそだぜ!
のひとこと
 みーみー黒王子やだ!(号泣)

【海よりもまだ深く】 是枝 裕和 12/8update

 阿部寛、真木よう子、小林聡美、吉澤太陽、樹木希林。かつて文学賞を受賞するもその後鳴かず飛ばずの作家 良多(阿部)。今も小説は書いてはいるが副業頼り。奥さん(真木)と息子とは別居している。
 カッコいい阿部寛が残念な感じのオッサンを演じている。ダメ男まではいかないが何かが足りない。悪いやつではないのだけれど、おもしろいわけでもなくまあ特に会わなくてもいいかな的な人。でも彼も一応彼なりにがんばっているんです。そんな人でも親族は親族なのでつかず離れずなわけです。
 主役にならないようなそんな良多を一番気にしているのはお母さん(樹木希林)。学校の勉強もできて文学賞もとって自慢の息子だったはずなのですが奥さんとは別居でいつも金に困っている。奥さんは良多が嫌いなわけではないが、もう元に戻るつもりはない。妹(小林)も結婚して子どももいますがお母さんのところに入り浸って年金生活者から金をせびっている。特に大事件が起きるわけでもなく、登場人物が成長するわけでもなく、悪人も善人もヒーローも出てこない。映画にならなそうなこんな題材をよく映画にして、それでそれなりに面白い。是枝監督が売れなかった時代の体験をおりまぜ、自身の出身地の清瀬を舞台に映画をとってるということで、本作は静かなる渾身の作品なのでしょう。私は海街ダイアリーよりはるかに本作の方が面白かったよ。園子温が先日感想文にも書いたトークの場で河瀬直美と是枝裕和の映画は”純文学”と言っていたけど、そうだね純文学だよね。
★★★★

のひとこと
 カルピス凍らせているのをガリガリやってるところがすき。兄妹の仲があまりよくないのがいやだった。
のひとこと
 ちょっと話がわからないところがあった。
のひとこと
 家で泥棒みたいなことしてたのでびっくりした。
のひとこと
 わすれた。もう一回みたいわけじゃないよ!!!

【園子温という生きもの】 大島 新 11/28update

 園子温のドキュメンタリー。見ようか迷っていたのだが、「ひそひそ星」みてやっぱドキュも見ないとと思い日を改めてカリテへ。園監督は思ったより普通の人だけどやはり普通じゃない!監督は映画が大好きなんですね!私もです!
 この上映にはChim↑Pomと大島監督のトークショーがありなんと園監督も飛び入り参加!園監督本人の話はじめて聞いたけど映画で見るより更に普通のおじさん。もっと怖い!?人かと思ってた。映画撮ってるときは怖いんでしょうけど。
 大島新さんとは巨匠 大島渚のなんと息子さんなのだそう。劇映画ではなくドキュメンタリーというフィールドではありますがよくぞ同じ業界に飛び込みましたね。大島新さんは2014年に情熱大陸で園子温を撮ったのだけれど撮り足らず更に撮り続け本作になったと。確かにTV枠では収まらないよな。私は”希望の国”以来園監督にはまっているという新参物ですが、撮ってる素材が比較的最近のもの。高円寺の個展とか、ワタリウムの個展とか映画も最近の作品の撮影風景だったりするのでバーチャル感がかなりありました。大島新監督は静かな感じでドキュの方も地道に密着するタイプに見えた。大島新だったからこんな愛すべき!?園子温のドキュができたんだろうね。
 妻の神楽坂さんも登場します。仲良さそうなのだけどいろいろたいへんそう。これからも園さん支えて一緒にいい作品を夜に送り出して欲しい。
 園監督にとって311はやはり大きなターニングポイントだったそう。あの影響を受けない表現者はいないと断言していました。しかし、映画とトークを見たので、どっちで話していた内容かわからなくなってしまった(^^;
★★★★

のひとこと
 神楽坂さんがかわいかったけ。けれどアーティストと暮らすのは大変そう。

【この世界の片隅に】 片渕 須直 11/26update

 こうの史代の漫画原作のアニメ化。声の出演 のん、細谷佳正。こうの史代作は「夕凪の街 桜の国」を以前に読んで実写の映画も見たがどちらも良かったので、期待して見ましたが期待以上。本作でも広島の原爆も描いているが呉で舞台がやや離れてい るので雰囲気違う。戦前から戦争を経てその後までの戦争という時代の流れが感じられた。時代が長いので映画化に際し話が端折られているかと思ったが原作漫 画を後で読んだらむしろアニメ方が行間を埋めている。今年流行っているアニメ映画と比較して行間が多い分見た人が考える余地が多い。
 軍港の呉ということで沖合いにはたくさんの軍艦浮かんでいますが、すずの住む高台から望むと別世界のよう。しかし、戦況が悪化するに従い空襲がはじまり 艦載機が飛来し機銃掃射。突如戦場に投げ込まれる。憲兵は出てくるけど軍人は一人も出てこない。帰ってくるのは戦死の知らせと石ころ。これが内地の一般人 の戦争だったのでしょう。
 軍艦や飛行機、爆発などの描写がこのタイプのアニメとしてはリアルでミリオタでも納得の仕上がり!?CG使って3Dで起こしているのだろうなと思って見 ていたのですが、なんと手書きのセル画だそうでたまげた。兵器だけでなく、街並みとか小物や時代背景も原作、そしてアニメ作成の段でもかなり調査した上で 仕上げているのでしょう。100年残るアニメをという心意気で本作はつくったそうですがこれは100年残るだろうね。新宿テアトルで公開初日でみた。席は 先にとっていたのだが満席で立ち見も満席!?
 「大ごとじゃ思えた頃がなつかしいわ」とお母さんがつぶやくのですが、今の日本もそれにあたる感じがして....。
★★★★☆

のひとこと
 日々の淡々とした生活を戦争が壊していくけれど負けずに生きる主人公に姿に感動しました。
のひとこと
 白木リンさんが良かった。
のひとこと
 水原って男は”すずはぬくいのう”とか言っててきもかった。
のひとこと
 主役の女の子(すず)が一番かわいかった。子どもが死んじゃって悲しいよ。

【ひそひそ星】 園 子温 11/11update

 神楽坂 恵、遠藤 賢司。今まで見たことのないSF映画。宇宙宅配便のお届けロボットを神楽坂が演じる。震災後の福島を荒廃したどこかの星として描いている。宇宙船なのに全 自動洗濯機とか行灯の蛾とかタンスのつっぱり棒とか不思議な郷愁を誘う。忘れてしまった何かを思い出させてくれる映画。
 映画の中に園子温がテーマとしているハチ公がいた!と思ったらビクターわんこだった。この映画見たあとにワタリウム美術館で開催された”ひそひそ星展” に国立競技場駅から歩いて行ったら道すがらにビクターのオフィスがあってビクターわんこが鎮座していて、デジャブ感におそわれたのだがあれは偶然だったの か!?
 うちの家族は眠かったみたいだけど、私は眠いどころか見たことのない園 子温ワールドに目がさえた。ひそひそ星展に行って驚いたのだがこの脚本と絵コンテは園子温が売れていなかった頃に書かれもので、そのまんまにこの映画は撮 られている。見る目の無かった世の中に対する意趣返しなんだろうね、きっと。
★★★★☆

のひとこと
 良かったけど寝てしまった。寝ること想定の映画だよね。
のひとこと
 寝ること想定の映画だよね(寝ました)。
のひとこと
 ほとんど寝てたわ。最後の方で目が覚めた。
のひとこと
 寝てなかったけどつまらなかった。掃除してるロボットがくすぐったがってたよ!

【ズートピア】 バイロン・ハワード、リッチ・ムーア 11/11update

 声の出演 ジニファー・グッドウィン(上戸彩)、ジェイソン・ベイトマン(森川智之)。ディズニーのフ ルCGアニメ。制作総指揮はジョン・ラセターだけど、ラセターでもイマイチのもあるし予告編見たら主役が警察だったのでスルーするつもりでしたが、評判が 良いとの話なので見に行ったら水準以上の出来でした。
 ストーリーもキャラクターも良かったが、場面展開の仕方や絵作りもきれいで見ているだけでも楽しい。主役は警官ですが、警察モノというか社会に出た若者 の奮闘といった感じ。ちょっと気になったのが、動物の中でサル系(人間含む)と鳥系が全く出てこない。なんか理由あるのかな!?
 主題歌はアナ雪のようにはやらなかったけど、映画自体は遥かにこっちの方が上。今年は本作がアニメ部門のアカデミー賞になるのかな!?
★★★★

のひとこと
 やっぱり山さんのおすすめだっただけのことあって良かった。なまけものがおもしろかった。
のひとこと
 全く期待していなかったけど、超おもしろかった。
のひとこと
 子どものときにイジワルしたキツネとニックが同じキツネかと思った。
のひとこと
 弾がブルーベリーになってたよね!

【ちはやふる 下の句】 小泉 徳宏 9/28update

 広瀬すず、野村周平、真剣佑、松岡茉優。競技カルタを題材にした漫画の実写映画化。漫画も上の句も見てないけど、上の句みたうちのファミリーが良かったというので一緒に見に行きました。上の句もストーリーも全く知らなかったけど、問題なしでした。
 競技カルタ業界全く知りませんが、甲子園みたく高校生が目指す大会があり、強豪校もあるものなのだ。そうなるとスポ根的なノリになっちゃいますが、それ でも面白かった。前作には出ていなかった強豪のクイーン(松岡)をめぐる話ですが、このクイーンが良かった。この女優今後注目しときます。その他の俳優も フレッシュで良かったです。
 しかし、最近漫画原作が多すぎる感じがする。漫画は通常読んでないから原作の世界知らないけど、映画用に脚本起こしてつくっても欲しいよね。そうすると集客難しいってことなのか!?
★★★★

のひとこと
 良かったけど、上の句の方がもっと良かったよ!
のひとこと
 百人一首やりたくなった。
のひとこと
 机くん弱すぎ!
のひとこと
 みーみーちはやぶるのね!感想ない!

【父を探して】 アレ・アブレウ 7/27update

 ブラジルの手書き風アニメーション。セリフなしで絵と音楽だけでストーリーを運ぶ。出稼ぎに行った父を 探して少年は町へ向かう。絵が独特で他に見たことないオリジナリティ。人が虫みたいですが。以下ネタバレあり。少年は冒険の過程で様々な人に会うのですが よくよく見ると少年の人生の一場面、青年、老人だったりするようなのです。これにブラジルの世相をからめて芸術的かつ社会的な作品に仕上げています。一回 見ただけではかなり見逃しているところがありそう。
★★★★

のひとこと
 すごく悲しい人生だった。みた後切なくなった。
のひとこと
 おじいさんとか兄さんははあの子どもなんだよね?
のひとこと
 電車から出てきた人がお父さんみたいな人ばっかだった。
のひとこと
 子どもがかわうぃかっただけぇ。

【映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!】 土田 豊 7/8update

 前回からパパとみおさん二人でプリキュアですが、みおさんは今まさにプリキュアマックスハート!!前回 の秋プリは3本立てでやや中途半端なものでしたが今回はミュージカル仕立ても通常の秋プリ的なストーリー仕立ての作品でした。今回の魔法使いと前回のプリ ンセスが中心で過去プリは早めに牢屋に捕まって出番がなくなります(^^; 映画にしか出てないキュアエコーが妙に目立ってますが。なんで?
 悪役の魔女ソルシエールは究極の魔法を自分に教えてくれなかった師匠を蘇らせようとしています。それにはプリキュアの涙が必要だとトラウマにささやかれ。
 ミュージカル仕立てがなかなか新鮮でストーリーも変にひねらないでシンプルでなかなか良かったです。ソルシエールもトラウマもかわいかった。馬好きとしてはトラウマがハマッタ。まあ、もちろんプリキュアファン向けの映画ですが。
★★★

のひとこと
 おもしろくない。かわいかっただけぇ。もう一つのプリキュア(予告編で告知した秋プリのこと)も見たいな!

【アーロと少年】 ピーター・ソーン 6/30update

 ピクサーの最新作。一年一本のサイクルから外れて本作はリリース。監督は新人でアジア系とのこと。人間 と恐竜コミュニティの交流映画かと想定して見たのだが猿の惑星的な格差で人はワンコレベルで言葉を話さない。世界喰うか喰われるかの野火レベル。主役の アーロが成長する話だが恐竜世界もコミュニティの広がりがあまりなく同種は家族しかつきあいがない。これは話が発散するのを防ぐためなのだろうか。ちょっ とそのあたり物足りない。ネタバレですが、父さんがあまりにもあっけなく危機管理できなくてダメ。普通のお話なら、コミュニティで助け合うんだろうけど、 前述の通り孤立した家族コミュニティなので家族が大変な目にあうのだ。恐竜も文明化してるなら助け合わないと...。
 CG的に見ると流体や植物などの自然の背景が実写かと見紛うばかりのレベル。ここまで行くと本物との区別つかないね。人間の動きがワンコみたいなのだが、アーロの動きもワンコみたいなんだよね。なんでワンコっぽくするんだろ?
★★★☆

のひとこと
 ちょっと寝ちゃったけどおもしろかったよ。
のひとこと
 顔が変わったところ(ラリって幻覚見てるシーン)がおもしろかった。
のひとこと
 スポット(少年)のお父さんが全然似てなかった。
のひとこと
 にんげんが一番おもしろいわ。

【暗殺教室 卒業編】 羽住 英一郎 6/30update

 山田 涼介、椎名 桔平、菅田 将暉、山本 舞香、二宮 和也、桐谷 美玲。映画 暗殺教室の続編であり完結編。前作も本作見る前に見たのでこちらに 感想文。前作で残された謎が解けていきますが、これらのオチも漫画的で”そうっすか!”てな感じでまあどうでもいいや。一番驚いたのは殺せんせーの元の人 が前作で声やってた二宮そのものだったってとこ。こんな映画でも二宮が出てくると映画がしまっちゃうのがすごい。彼はやはりただものではないね。
 りんさんがアニメ(漫画)のキャラと違うのが違和感あったと言っていたが後でアニメの方チラッと見たら渚ってまんま女の子みたいじゃない!?いったいどういう設定?
 しかし、みおさんが最後号泣したのにもびっくりした。
★★★

のひとこと
 見たかったのに寝ちゃった。後でビデオで見ます。
のひとこと
 アニメ見てからみたので別物の感じがした。
のひとこと
 みお子が泣いてたけどあそこ泣くとこ!?
のひとこと
 コロ先生が殺されてかわいそうだった!(号泣)

【牡蠣工場】 想田 和弘 6/28update

 観察映画第6弾。瀬戸内海の港町 牛窓が舞台。牡蠣の養殖と加工をしている漁師たちを観察。主人公となっている漁師一家 渡辺家は元は宮城で牡蠣をやっていたが、震災で牡蠣養殖は壊滅し牛窓に渡ってきた。ご存知の通り、今回の震災は原発事故を含んでいるため被災地は元には戻 れないのだ。
 牡蠣はありふれた食材ですがそれがどのように養殖され、加工されているかは知る由もなかったが興味深かった。微妙なオートメーション化もされているが、 牡蠣の加工は人手がかかる作業で、ここに外国人実習生が一部使われている。外国人実習生は表向き研修という形をとっているが実態は外国人を低賃金で使う奴 隷のような扱いになっています。本作は新しい実習生がやってくるイベントが中心として描かれている。二人の実習生は中国人の青年。日本語は解するレベルに ありますがスムーズなコミュニケーションはとれません。こんな田舎町で朝から晩まで牡蠣むく仕事はなかなか続かないですよね。物価も今や中国と日本はそれ ほど変わらないので、つらくても働けば一財産というわけにもいきません。早晩このやり方も崩壊するでしょう。
 本作は他作と比較しても玄人向きでちょっと地味。誰かにどんな映画か説明するのも難しい。想田監督的にはもう切るところはないんでしょうが145分も ちょっと長かった。牛窓は元は想田監督の奥さんの祖母の戦争体験を撮るために行っていたような話が著作にも書いてあったが、こちらのテーマは遺族に反対さ れ現状お蔵入りになっているようだ。これがドキュメンタリーの難しいところで、本人ばかりでなく、周辺でも反対する人がいると使えなくなってしまう。映画 にしようとするぐらいの話でしょうからこちらも見たかったですがね..。
★★★☆

のひとこと
 後からジワリジワリとくる作品で。牡蠣がどうやって加工されるのか知らなかったので興味深かった。グローバリゼーションがひたひたと押し寄せてくる感じがした。
のひとこと
 牡蠣を持ち上げるシーンはすごかったけど、眠かったので眠ってしまった。

【オデッセイ】 リドリー・スコット 6/24update

 マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ。火星の探査チー ムが砂嵐に巻き込まれ、ワトニー(ディモン)は吹き飛ばされる。彼の救出は絶望とみた隊長は火星探査チームを引きあげる。しかし、ワトニーは生きていた。 居住区は使えたが通信手段と食料も十分に無かった。次の火星探査チームがやってくるのは4年後...。
 まだ人類は火星に行ってないのですべて仮定のSFです。月にさえ最近行ってない(ちなみに私は月探査懐疑派です)のに火星に人類が降りたつのって何年後 のつもり!?テクノロジー的には現代にあるものなのでリアリティ高いように見えるけど、それなら今頃月への定期便ぐらいできていてもおかしくね!?そもそ も何のために人類は火星に行くの!?単なる興味だけでは政府はお金だしちゃくれないよね。
 これらはとりあえず置いといて本作はサバイバルものと言って良いだろう。外界との交信ができない絶海の孤島に取り残されたようなシチュエーション。この 厳しい環境下でワトニーはただ4年待ってるのではなくポジティブに行動します。地球との通信を試み、食物を栽培し、残された宇宙船を使って火星からの脱出 を画策。以下ネタバレになるので書きませんが、次から次へとクリアすべきミッションが出現し成功したり失敗したり、映画的に上手につくられています。終盤 は世界が協力してワトニーを救出しようとします。ここで中国が存在感持ってるのは現代的。ちなみに日本は1mmも出てきません(^^; 同じ宇宙を舞台にしたゼログラビティの影響を本作は多分に受けている感じではあるがゼロよりもテンコモリで映画サービス精神にあふれています。これ言っ ちゃミモフタもないですが、こんな苦労して赤土のなにもない星に行って何が楽しいんでしょうかね。サバイバルレベルも不屈の男に比べたら超快適環境だよ ね。
 なにはともあれ地球に帰還するのですが、何か仕掛けが本作にはあるという噂があったので最後までなんだろうか!?と思って見ていたのですが特にオチは無かったような。
 凜さんの感想にあるプルトニウムは廃棄してあったプルトニウム電池を掘り出してきてまだ熱が出てるということで暖房変わりに車に乗せる場面のこと。プル トニウムはα線で放射線はほとんど距離とばず密閉容器であればまあ確かに問題ないけど捨ててあったものだから安全とは言えないよね。オチ的にはこの影響で ガンかなとか見ててチラッとは思ったのですが宇宙ではプルトニウム以前に環境放射線がものすごいから、こんな長いこと火星にいたらやはりガン死するだろう ね...。
★★★☆

のひとこと
 プルトニウムの近くにいても大丈夫なの?映画だから最後は助かると思ったよ。

【不屈の男 アンブロークン】 アンジェリーナ・ジョリー 6/23update

 ジャック・オコンネル、ドーナル・グリーソン、MIYAVI、ギャレット・ヘドランド、フィン・ウィッ トロック。前作もすごかったがジョリー監督は二作目にしてこれだけの映画撮るとは驚き。空戦、海での遭難、捕虜収容所に人間ドラマも丹念に描かれている大 作だ。これを日本軍が悪者だから反日!?とかで封印してしまうのはもったいなすぎ。戦争を舞台としたサバイバル映画だが次から次から難敵があらわれる。搭 乗機の墜落、海での遭難、サメ、飢え、助かったと思ったら日本軍でそこでも虐待、捕虜収容所へ移動しても看守がヒドイ男。日本軍にもちろん問題あるが戦争 になれば多かれ少なかれこういう事が起こる。それを不屈の男は屈することなく生き抜くのだ。
 主役のザンペリーニはイタリア系でオリンピックの長距離選手。ベルリンオリンピックのシーンがあるのですがナチス仕切りの異様な雰囲気。続けての東京オリンピックはご存知の通り戦争で中止になったんだよね...。
 平和島競艇のスタンドのあたりに捕虜収容所があったとは私も知らなかったが日本人が思い出したくない負の歴史を掘り出してくれている。日本人さえ知らな いことをよく調べている。ジョリー監督の次回作はカンボジア ポルポト政権の虐殺を描いた「最初に父が殺された」だそう。すごいテーマを連発するね。
★★★★☆

のひとこと
 海のシーンが忘れられない。日本兵の方がサメに比べればマシなぐらい。
のひとこと
 丸太を持ち上げるシーンが印象に残ってる。最後に本人(実写)が出てきて良かった。


|CINE TOP|TOP|